オーストラリア ギリホリ日記

フリーター→ニート→オーストラリアでワーホリ中。人生をぶらぶらしてる男の日記です。

豪ワーホリ 6ヶ月を振り返って 反省点・改善点

 

こんばんは。 Tatsuです。

前回は半年を振り返って良かった点を挙げました。

 

 

今回は反省点・改善点です。

反省点

1:仕事探しをもっと積極的にいけば良かった

ワーホリで仕事探しとの戦いは皆さん通る道だと思います。スムーズにいく方が珍しいくらいです。

仕事探しを本格的に開始する前、まだ語学学校に通っていたころですが、実はseekとかでもカジュアルジョブ以外の仕事も探していたんです。今思えば無謀なんですが。。。やってみなければわからないってことで。

しかし、それはかなわなかった。そこで諦めて、とりあえずお金が入ればなんでもと方向転換したわけです。もう少し粘って、他にもガンガン応募すれば良かったです。

なんでもといっても、初級者ではないですし、せっかくIELTSスコアもあるため、どうせならもっといいとこを。。。と、自分で自分を縛ってしまっていた時期があったのも事実です。

2:もっと英語を勉強する

ここも皆さん思うところだとは思います。(;^ω^) もっとすれば良かったです。スキマ時間はいっぱいあります。

英語学習を第一にオーストラリアにいるので、時間を有効活用しないといけません。これからしっかりやっていきたいですね。総合的に、文法もしっかりもう一度見直します。

3:行動範囲を広げて動けば良かった

メルボルンにいた頃はシティ中心に活動していたんですが、魅力的なサバーブもたくさんありました。

電車で2時間くらいで、バララットという中規模都市もあるので、どんどん動いて気に入れば移る、そこで仕事も探す、くらいの勢いでいけば良かったです。都会より田舎の方が人手が足りないといいますし、仕事もあったのかもしれません。

 

4:フットワーク軽く動けば良かった

友達もせっかく出来たし、メルボルンに残る。←こういうのは良くなかったです。

軽く軽く、ちょっといってきまーすくらいの感じで、どんどん動けば良かったです。どうせまた新たな友達はできますし。

実は仕事探しともつながるんですが、学校が始まってまだ1ヶ月くらいの頃に、面接までいったところをかなり遠いから、せっかくできた友達と会えなくなるからという理由で断っています。タラレバになってしまいますが、ほんとに後悔しています。

残り半年は、自分のプラスになるような事があれば、どんどん動いて吸収していきたいです。

5:節約に意識をもっと向ける

始めは自炊やる気マンマンでもお手頃価格の店を見つけると、そこに頼るようになります。(;^ω^) 

しかも特に日本食は、お手頃な店からめちゃ高いとこまで豊富にありますので、お手頃+日本食のコンボはやばいです。メルボルンだとDondon・うどん屋さんとか通っちゃいますよ。

 

6:ネイティブの友達をもっとつくっておけばよかった

定期的に会って英語を鍛えれますし、ネイティブと会話すると、微妙な違いや細かなニュアンスを質問して、自分の英語をモニターできる貴重な機会です。行動範囲を広げて、オージー友達をもっとつくりたいですね。

7:荷物は少なくて良い

もって来た荷物が多すぎました。。。(;^ω^)  ジャケットそんなに着ません。帰ったら脱いで、結局また同じの着るし、夏はTシャツ1枚でいけるし。。。洗濯もするし、服はそんないらなかったです。身軽で、すぐ動ける方が何か移動があった時楽です。

部屋探しなど、なかなか決まらなかったりするので、さっと動ける方がいいですね。スーツケースは22㎏ほどありました。。。重すぎ。。

 

以上、反省点です。基本的には英語・仕事に関する事がほとんどです。仕事選びは、直接英語を使う頻度にも関わってくるので、これからワーホリする皆さんは、大胆に攻めていくことを強くオススメします。

ワーホリもあと半年になりました。1日1日を大切にして残りワーホリ頑張ります。

では、また。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村