オーストラリア ギリホリ日記

フリーター→ニート→オーストラリアでワーホリ中。人生をぶらぶらしてる男の日記です。

鏡で他人を見るな 

 

こんばんは。 Tatsuです。

日中はクソ暑くなってまいりました。照り付けるような日差しで、焼かれてるって感じがしますね。

日焼け止め塗らないとちょっと外出ただけでやばいです。。。(;^ω^)  綺麗に首回りだけ焼けました。

最近は、オージーだけでなく、ヨーロピアンとも絡むことが増えてきたんですが、やっぱり平均して彼らは英語に堪能ですね。特に、オランダ・ドイツ・スウェーデンから来てる人達は、英語上手いです。

特にオランダ人はめちゃ流暢です。今までそんなにうまくないまだ勉強中のドイツ人には会ったことがありますが、今まで出会ったオランダ人は全員英語に不自由していません。変な訛りもない、とてもクリアな英語なので、こちらも聞きやすいです。

先日こちらに数年住んでいるロシア人と会い、英語はもちろんロシア語・アラビア語に堪能で、英語に苦戦している自分が情けなくなったりしました。。。

しかし、人と比べなくていいんです。

高校生の頃、ダンスをしていたことがあるんですが、練習中に言われてまだしっかり覚えている言葉が、

「鏡で他人を見るな、鏡は自分をみるためだけに使え」

という言葉です。

ダンスのレッスン中は、10数人が一つの部屋で一緒に練習し、壁一面の鏡を見て練習するんですが、自分のダンスを見るときについ、他の子のダンスも目に入ります。

上手い人のダンスばっかり見て、いいなぁとか、あんな風になれたらなぁとか思ってしまうものなんですね。。。そうするとレッスン中なのに、自分のスキル向上に集中できなくなります。

そこはぐっと自分だけに集中して、自分の動きだけに集中して、昨日の自分より上手くなることに集中すればいいと思います。

英語もそうです。

数年住んでりゃそりゃ流暢です。

幼い時から勉強していれば、上手くしゃべれます。

ギリギリでワーホリしてると、高校から留学させてもらっている学生を羨ましく思ったりします。

今の若い世代は、より実用的な会話重視の英語に小学校の時から触れられますし、それくらいの年齢から勉強始めると、基礎がしっかりして、発音もうまくなるでしょう。

見ようとしていないものも鏡に映ってしまいます。他人の発音がうまく聞こえたり、英語表現の引き出しの多さを比べてしまったりするでしょう。

上手い人の良いところをマネしたり、自分の学習方法に取り入れたりすることはとても大事なことです。

しかし、いちいち羨んだり比べなくていいんです。自分だけを見てください、鏡は自分をみるためにあります。自分の背後に映る他人を見ないでください。

私の周りの友達も英語や仕事と色々と悩んでおり、相談受けたりしました。「鏡で他人を見るな」とは自分への戒めであると同時に、同じ時期にワーホリしてる方々に響けばいいなと思っています。うまくいかない事もあるでしょうが、それぞれの目標に向かって楽しみましょう。

では、また。

↓良ければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村