ジャパレスで働くことについて ワーホリ

 

こんにちは。 Tatsu(@Tatsu_burabura)です。

ワーホリ中、またはワーホリをお考えの皆さん、ワーホリ中の仕事探しは、避けては通れない問題ですよね?

今までメルボルンでもシドニーでも正直何社かジャパレス、そして日系企業も受けました。時給が安かったり、工場内の作業で英語あんまり使わないかなという理由で辞退していました。

今現在もジャパレスで働くよりローカルで働く方が、ちょっとステータスみたいな意識がワーホリにはありますよね。日本人だけでなく、韓国人・台湾人もこういう考えの方が多いと思います。

ジャパレスで働くことは悪ではない

しかし、ジャパレスで働くこと自体悪ではないと思います。むしろ、何もしないより1ドルでも稼げるだけいいんです。そして、ジャパレスっていってもこっちはオーストラリアですから、オーストラリアからみれば外資系ってことですよ。

シドニーでは様々な種類の仕事がありますが、選り好みしなければ必ず仕事はあります。今私はセカンドジョブを探していますが、ジャパレスだと非常にヒット率も高いです。日本人であることや、日本食レストランの多さが大きなアドバンテージになります。

ジャパレスで働くメリット

  • 仕事を見つけやすい (日本人であること・日本食レストランの数が多いこと)
  • 求人も日本語で出ていることが多いので、応募までもスムーズ
  • メニューをゼロから覚えなくても頭の中でイメージできるので、仕事を覚えるのが早い
  • 日本人ばかりの所もあるので、英語初心者でも安心

英語を使う機会もしっかりあります

ジャパレスではないですが、私は今のレストランでキッチンを担当し、最近は色々とつくったりもしてるんです。店では前菜でカルパッチョ(←ちなみにつくるのが得意なメニューの一つです。(;^ω^))を提供しているんですが、4種類の魚があるところ、マグロはいらないからサーモンに変えてほしい、といったリクエストを受けることがあります。もちろんこういうオーダーには臨機応変に対応します。

こういう事って、ジャパレスでも十分起こりうることです。メニューの変更や、私たちにとっては当たり前の味でも、それをどんな味か説明しなきゃいけなかったりと、予想外のことが起こりえます。

予想外の出来事、unexpected situationってやつですね。これが学校ではほぼ起こらないですが、職場ではよく起こります。この時が一番テンパって絶不調の時の自分の英語力があらわになるんですが、、、同時に一番英語が鍛えられる時でもあります。 コンフォートゾーンから出ていることになりますからね。

ウェイター・ウェイトレスだとお客様と上記のようなやり取りがあるでしょうし、キッチンでもジャパレスだからといって全員が日本人とは限りません。ジャパレスで働いている私の友達は、同僚は台湾人・韓国人・インドネシア人だと言っていました。

使う言語は当然英語になってくるので、仕事では英語使ってます。更に仲良くなれば、仕事終わって色々話したりもするでしょう。

先輩たちへの敬意は必要、これからは安いだけでなく健全な経営を希望

ジャパレスを悪く言う人も中にはいますが、オーストラリアで数年にわたってお店経営してるってすごいことだと思いますし、尊敬します。安くてクオリティの高いものを追及するあまり、私たちの時給も安いのは問題で、安いだけではなくて高いクオリティの対価としてしっかりとした時給がもらえるようになればと思います。

私も手頃で安いからと、ついついジャパレスいってしまいがちですが、私たちの意識も変えないといけませんね。この辺は改善点ですが、頭ごなしにジャパレスで働くことを批判するのもどうかと思います。先にワーホリして、苦労してビジネスを展開している先輩達のことを尊敬する気持ちを失ってはダメだと思います。

私が採用の連絡を辞退したときには、「残りのワーホリ頑張ってね、一杯楽しんでね。」といった優しい言葉をかけてもらえました。とても嬉しかったですね。面接に呼んでいただいてた、そして採用したいって連絡もらってこちらが辞退したのに、やっぱり日本人同士ってことで気にかけてくれるんですね。

正直日本人コミュニティは他のアジア諸国、台湾・中国・韓国に比べて弱いと感じてます。新しい環境で、新しい言語に慣れないうちは助け合いの精神が大事です。先輩方に頼ってもいいんです。

何かのかたちで貢献したい

これから先まだまだ日本食レストランは増えそうですが、相応の対価をお客様に支払ってもらって、ワーホリや学生に最低賃金キッチリ支払うお店が増えるといいですね。個人経営の小さなレストランだと、なかなか難しいのかもしれませんがが、最近は会社としてレストランを経営するところも増え、しっかりした時給を払っているということも聞きます。

www.buraburajinsei.com

もし、自分がこれからオーストラリアに関わることになれば、何かのかたちで貢献していければいいなと思っています。

では、また。

↓良ければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村