ケンブリッジ英検コースのススメ ワーホリ語学学校選び

こんにちは。Tatsu(@Tatsu_burabura)です。

ワーホリ来る方には、英語に慣れる・人脈作りのために語学学校に通う事もオススメだと以前書きました。

www.buraburajinsei.com

そして、語学学校のコースは、ケンブリッジ英検コースかIELTSコースがオススメということもちらっと書きました。語学学校に通う際、語学学校選びも重要なんですが、受講するコース選びもとても重要です。今回は中~長期で勉強する方向けに、ケンブリッジ英検コースをオススメします。

www.buraburajinsei.com

ケンブリッジ英検コースは、ワーホリ・留学の目的が英語力の向上が第一!!って方にはほんとオススメです。私も語学力の向上が第一目的ですので、このコースを取らなかった事を後悔しています。 後で友達から色々聞いてコースの存在を知りました。。。ぱっと決めてしまったので、もう少し悩んでじっくり選べば良かったです。これから語学学校選ぶ方の参考になれば幸いです。

ケンブリッジ英語検定とは
Cambridge English Language Assessment

KET・PET・FCE・CAE・CPEの5段階のレベルがあり、語学学校では、上位3つのどれかのコースを受けるのが主流です。それぞれのレベルは以下、比較はケンブリッジ英検公式ページのものです。

FCE (First Certificate in English) 英検準1級 IELTS6.0~6.5 TOEIC800~900

CAE (Certificate in Advanced English) 英検1級 IELTS6.5~7.5 TOEIC900~950

CPE (Certificate of Proficiency in English) 英検1級以上 IELTS8.0 TOEIC950+ 

この中でTOEICだけは、Speaking・Writingのセクションがないので、あまり比較を当てにしない方が良いです。FCEとCAEのコースを開講している語学学校が多いですね。

日本ではあまり馴染みのない試験ですが、英語力を公式に証明する資格として、ビジネスの場や大学入学基準として国際的に広く認知されています。

私のイメージでは、ヨーロッパや南米からの学生が受けているイメージが強いです。同じクラスだったフランス人とポーランド人の友達は、一般英語のAdvancedを終えてから、ケンブリッジCAEにクラス変更していました。

一般英語で基礎固めしてから、がっつり集中してケンブリッジ英検受験って流れは、中~長期間語学学校に通う方にはよくみられる傾向です。

ケンブリッジ英検コースのオススメ理由を3点にまとめました。

1.自然な英語表現に重点をおいた濃い授業内容

ケンブリッジ英検は、ネイティブが使う自然な英語習得にフォーカスしています。試験がSpeaking・Listening・Reading・Writingと4技能あるのはIELTSと変わりませんが、どちらかというとacademicな英語のIELTSに比べて、ケンブリッジ英検は、現在完了と過去形の微妙な違いや、Phrasal Verbsに重点をおいており、授業内容もネイティブが使う自然な英語習得を目指すものになります。

特に、細かい文法上のニュアンスの違いや、Phrasal Verbs(例えば、pickという単語は基礎の単語ですが、pickに、out・up・intoなどが組み合わせることによって、意味が広がります。)を勉強することで、なかなか掴みにくい英語の感覚を養うことができると思います。

~Phrasal Verbsとは~

熟語のような感じですが、日本語では句動詞と訳されています。動詞+前置詞、または動詞+副詞で1つの動詞の様に機能するフレーズのことです。

ネイティブはこのPharasal Verbsを頻繁に(しかも早口で。。。)使いますので、英語学習者は簡単な単語なのに、馴染みがない、今まで聞いたことがないため意味が取れないことが多いです。

上ではpickを例に出しましたが、get・take・lookなど基礎単語のPhrasal Verbsは無数にあります。getという基本的な動詞なのに、意味が分からないときがあるのはこのPhrasal Verbsを知らないからです。

2.全世界で認知されている公式国際資格で、一度とると生涯有効

日本ではあまり馴染みがないですが、公式の英語力証明資格として、全世界で幅広く認知されています。就活時の英語力証明、大学入学時の英語力証明に使えます。

IELTSは取得してから2年経過するとスコアの期限が切れてしまいますが、ケンブリッジ英検は一度取得すると生涯有効です。一度取得すると生涯にわたって使える国際資格です。

3.ターム設定でクラスメートとも濃密な時間を過ごせる

基本的に語学学校の一般英語(General English)のコースは、開始日は毎週月曜ってところがほとんどだと思います。ですので、月曜に新しい学生が来て、金曜に卒業していくという事が起こります。

これはこれで刺激的ですが、せっかく仲良くなったのに、あと1週間後にあの子卒業しちゃうのかという寂しい場面も多くなります。

その点ケンブリッジ英検コースでは、コースに期間(入学日・卒業日)が設定されており、その期間約3ヶ月ほぼ同じメンバーでケンブリッジ英検受験に向けて勉強します。かなり濃いコースなので、宿題もたくさんあり、一緒に宿題やったりわからないことを教えあったりすることが多くなります。

ケンブリッジ英検コースだと、友達と濃い時間を過ごすことができ、より親密な関係になりやすいです。授業内・外で、様々なトピックについて議論したりするので、自分の知らない表現に出会う確率も格段にあがり、英語の伸びが違うと思います。

遊びでも、固定メンバーだと、どこか出かけたりする時に、毎週この曜日はここ行こうぜ~というノリになりやすそうです。

まとめ

ネイティブに近い自然な英語を身に着ける・一度取得すると生涯使える資格という実用的な点からもオススメですし、メンバーほぼ固定クラスのシステムで、クラスメートとより距離が近い経験ができるという点でもオススメです。

せっかく仲良くなった友達が帰国してしまうのは、ワーホリあるあるです。まだワーホリ来てない方は想像しにくいかもしれませんが、語学学校終わって友達が減っていく中ずっとバイトしてるってなかなか寂しいもんです。。。(;^ω^) 

世界各国から来た学生と、濃い授業を受けながら、濃い時間過ごせるのはかなり魅力的だと思います。

ワーホリでバイトばっかりしてる方(現在私もですが、、、)、ワーホリ終わった後に学生ビザで学校に行くという選択肢もあります。集大成として3ヶ月みっちり最後に勉強ってのもいいかもしれません。

www.buraburajinsei.com

では、また。

↓良ければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村