不都合なメイドインジャパンとメイドインオーストラリア

こんにちは。Tatsu(@Tatsu_burabura)です。

日本では、外国人技能実習生に違法な労働を強いていたとして、不都合なメイドインジャパン(ガイアの夜明け)が話題になっていますが、ここオーストラリアでも似たようなことが起こっています。

技能実習生・ワーキングホリデー、どちらも聞こえは良いですね。

一方は途上国の発展のために優れた技術を学んでもらうビザ、もう一方は働けるし学ぶこともできる、そして制限なく旅行もできるビザ。聞こえはほんと良いんですが、実際はひどいことが起こっっていたりもします。

今回の不都合なメイドインジャパンのケースは、詳しく番組で述べられているので省きますが、違法長時間労働・低賃金・更に未払い・計画倒産など、本当にひどい状況です。これでメイドインジャパンって謳って商品売ってるんですから、悪質極まりないです。そもそも技能実習制度は、労働力の需給の調整手段として行われてはならないと技能実習法の基本理念として定められています。

私は今オーストラリアにいますが、賃金の高さや労働環境の良さが、オーストラリアに国外から人を惹きつけています。ワーホリ・学生で来て、永住を目指す方も多いです。しかし、希望を持ってオーストラリアに来たワーホリ・学生が搾取されている事実もあるんです。

豪ワーホリメーカーに起こっていること

''A third of backpackers and a quarter of international students in Australia are being routinely ripped off by employers who are paying them $12 an hour or less, about half the minimum wage.''

オーストラリアのバックパッカーの3分の1、留学生の4分の1が、雇用主から日常的に騙されている。彼らは最低賃金の約半分の賃金である時給12ドルもしくはそれ以下の賃金しか払われていない。

特にファームジョブの労働環境がひどい

''In fruit and vegetable picking - which international backpackers must do for 88 days in a rural area order to qualify for a second -year working holiday visa - the degree of wage theft was extreme.''

外国人バックパッカーがセカンドビザ取得のために88日間しなければならないファームジョブでは、不当賃金の度合いはひどいものである。

''Almost one in seven participants working in fruit and vegetable picking and farm work earned $5 an hour or less. Almost a third (31%) earned $10 or less.''

ファームジョブをしている約7人に1人は、時給5ドル、またはそれ以下で働いており、全体の3分の1は、10ドルかそれ以下しか稼げていない。 

*英文は下記記事から抜粋

www.theguardian.com

シティにあるカフェやレストランでも低賃金のところはあるみたいですが、やはりファームジョブが低賃金で過酷な労働環境になりやすい様です。歩合制と聞こえは良いですが、結局時給換算すると10ドルほどのケースが30%近くもあるというのは驚きですね。

社会的立場の弱いものが搾取される

両国のケースとも、立場の弱い外国からの労働者が搾取されている事が問題です。私もワーホリ来て就活して、立場の弱さを痛感しています。仕事探しの際もビザがワーホリというだけで、面接まで進めなかったりしますし、チャンスは少ないです。

ワーホリって立場がかなり弱いです。ビザが1年しかないので、永住者と1年でいなくなる可能性高い方どちらを採用するかとなれば、当然永住者でしょう。ワーホリや学生に選択肢が少ないことを雇用主も知っていて、搾取の対象になりやすいんだと思います。

悪徳ファームに行ってしまって、嫌なら辞めればいいじゃないかという意見もありますが、次が確実に優良ファームという確証を得るのが難しいため、どうしてもフットワークが鈍くなってしまうんでしょう。加えて、オーストラリアではセカンドビザ取得のための日数を稼ぐため仕方なく低賃金で我慢する人も多いと聞きます。

安くこき使って、商品・サービス提供って考えは古い

劣悪な労働環境をワーホリや学生が告発していけばいいですが、立場の弱いものが具体的な結果を手にするのには、時間もお金もかかります。行政が入ってどんどん取り締まり違法レストラン・違法ファームがなくなればいいんです。労働者を安くこき使って、安い商品やサービス提供するって考えはもう時代遅れですよ。

ニュース見た感じでは、日本の技能実習生の事件の方が状況はひどいです。。。日本に渡航前に手続き費用など色々と理由つけて、借金までするケースもあるそうです。結局日本来てもその借金を返すために1日10時間以上働くだけ。技術を身に着ける、将来家族に楽させる思いで来日したのに、その夢はかないません。

今は私はただのギリギリワーホリ野郎ですが、将来的にオーストラリアに関わることになれば、何かのかたちで貢献したいです。オーストラリアだけでなく、国内外の若いこれからのワーホリ・学生のために少しでも役に立ちたいと思っています。それまで残りのワーホリ期間、勉強・経験をたっぷりしようと思います。

では、また。 

↓良ければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村