ワーホリ 8ヶ月目 心境の変化

こんにちは。Tatsu (@Tatsu_burabura)です。

ワーホリも半分が過ぎて私におきた心境の変化を書き留めておきます。少し書き辛いこともありますが、正直に思ったことを書きますね。

f:id:BURABURARK:20180110133815j:plain

昔から性格はオープンマインド

私は海外経験はありませんでしたが、日本にいた頃から言語・宗教・外見で人を判断するのは間違っていると思っていましたし、海外の価値観に対しても寛容でした。

どんな文化も、それぞれ違うだけ、というスタンスでオープンマインドだと思っていました。この様な考えを自然と持てたのは、小さい頃からそういう事で人を判断するなと教えてくれた親がいたからだと思っています。

バスの中での出来事

最近、変な気持ちが出てきました。

先日バスに乗って郊外に遊びに行きました。そこで一緒のバスに乗っていた乗客たちが、その人達の母国語で会話し始めました。別に私はそのグループではないですし、母国語で話し始めて、何とも思っていなかったんですが。。。

結構声のボリュームも大きく、なんか理解できない言葉がガーッて聞こえるのってこんなに不快だったっけ?と思いました。

自分以外外国人、日本人自分一人ポツン状態になり、自分のわからない言語で話されることが、disgustingやなと思うようになりました。ワーホリ来てからもオーストラリアのいろんな人種が混ざっている混合文化に抵抗はなかったですし、初めのうちはこんな風に思わなかったんですが。。。

何こんなにイライラしてんの?俺?と思いましたね。この感情が私のオープンマインドを否定するわけではないですが、今まで経験したことのない感情だった事は確かです。

自分の成長の遅さに苛立つ

ワーホリ8ヶ月目突入し、それなりに自分の目標もあり、その目標が思い描いていた自分と離れており、もっともっとと少し前のめりになってる感じがします。上を目指すことは良い事だと思うんですが、もう少し肩の力抜いてもいいかなと最近思っています。英語もリラックスしてる状態の時が一番調子良いですしね。(;^ω^)

日本人に対しての距離感

私はメルボルンで語学学校にいた頃から絶対日本人とは絡まないぞ!というタイプではありませんでした。そもそもどこに行っても日本人は一定数はいるので、うまく付き合えば、仕事・シェアハウスのお得な情報が手に入りますし、みんなが集まるようなパーティーでは自分から声かけることも多かったです。ジャパレスで働くことは悪ではないとも書きました。

www.buraburajinsei.com

それでも、カフェとか行って明らか自分の隣の席が日本人だと分かった場合でも、自分から声かけずにスルーしていました。自然な感じで会話を始めれればもう少し積極的に絡んでも良かったかなと思ってます。

今はこの変な距離感、変に突っ張ってた時期も終りましたね。

これから

ワーホリ中のこれからの目標は自然体です。英語もっとうまくなりたい気持ちは今もしっかりありますが、今は成長スピードの遅い時期だと思い、ここで腐らずブレずにやっていくことが大事だと思っています。

バイトをしまくってるというのもありますが、目標に対しての謎の焦りがあり、心の余裕を失っているように思います。早めに旅行に出ることも考えています。せっかくなんで色々見てみたいですし。ウルルは絶対です!!

では、また。

 

↓良ければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村