ワーホリが終わった。そして、これから。

こんにちは。Tatsu (@Tatsu_burabura)です。

オーストラリアで1年間のワーホリが終わりました。題名がすみません、なんかドラクエみたいになっちゃいましたw

f:id:BURABURARK:20180426215250j:plain

濃い時間を過ごせた

メルボルンから始まったワーホリ、田舎町にも行って皿洗って、シドニーで都会ライフを満喫、最後にはまったりと旅行も出来て、とても濃い時間を過ごせました。

メルボルン好き

ワーホリでは、初めに着いた街が結局好きになると言われていますが、私もそうです、メルボルンが一番好きですね。また戻ってきたいです。街をちょっと散策するだけで楽しいし、足をのばせば綺麗なビーチや動物園にも行けます。何よりも街自体の雰囲気が良いです。シティ中心部もいいですが、少しシティから離れたところでは、オシャレなパブやカフェがあふれています。

メルボルンは図書館も充実していて勉強もしやすいです。ビクトリア州立図書館は、建物も荘厳で勉強もはかどります。もしYoutubeを見たいなら遅い時間に行ってください。ネットがサクサクです。(;^ω^)

様々な国の友達が出来た、日本人の友達も

語学学校やバイト先、旅行先でたくさんの出会いがあり、英語の勉強以上のものを得られたことも大きな収穫です。今でも連絡を取り合っていますし、日本で、または彼らの国で再会したいです。

外国人だけでなく、日本人とも良い出会いがありました。帰国してお互い落ち着いたら、日本の高級料理店のくら寿司鳥貴族でうまいもんをたらふく食ったり飲んだりしたいですね。

オーストラリアに来て本当に良かったです。本当に時間が過ぎるのがあっという間で、「本当に帰国するのかな?」という気持ちが前日まであったりして今でも信じられません。これもワーホリあるあるでビザの期限が迫るにつれて、帰りたくなくなるっていうね…笑

帰国前には宣言通り?ヨーロッパと東南アジアを旅行してから日本に帰ります。帰国してからは就活です。

ワーホリ検討中の方へ

ワーキングホリデービザは、そんなにお金がなくても、←ここ重要なポイントですね。海外で生活できる夢のようなビザです。

ワーホリビザは便利ビザ

ワーキングホリデーは提携国の好きな国で、期限1年、勉強・仕事・観光全てできる素晴らしいビザです。オーストラリアでは、ファームをすることによって、ビザ延長も可能です。

前にも書きましたが、人それぞれのワーホリがあります。十人十色です。英語を上達させたい、海外生活してみたい、車で旅してみたい、自然を思う存分楽しみたい、日本の社畜生活に疲れて逃避、金を貯めたい、etc… 理由は何でもいいです。

人それぞれのワーホリ

理由やきっかけは何でもいいんです。ワーホリすることによって今まで気付けなかった価値観に気付けたり、その逆にこんなにも共通点があるのかと気付くこともありました。ワーホリも楽しい事ばかりではありません。仕事が辛い、英語が思っていたより伸びない、などなど悩みもあるでしょう。時には立ち止まってもいいです、疲れたらオシャレなカフェいったり、ビーチでまったりしていいです。

周りにいる英語上手い人や、仕事探しがうまくいってる人を羨むこともあるかもしれませんが、自分のペースで行けば良いです。人のペースはあまり気にしないで下さい。クラスメイトやシェアメイトと飯食ったり酒飲んだりもしてください。

私にも停滞期ありました

ほとんどのワーホリメーカーと同じように私にもなかなかうまくいかない時期や停滞期もありました。ネイティブの中に頑張って入っていったはいいものの、会話早杉内\(^o^)/になったことも1回や2回ではありません。というか今でも自分の得意分野のネタじゃないと、ネイティブのグループの中に入って会話についていくのは難しいです…

ゴミみたいな扱いもされました

今だから言えますが、←いや、別にいつでも言えるんですけどねw 私はシドニー時代パブレストランとオフィスクリーニングの2つのバイトを掛け持ちしていました。パブレストランの方は仕事仲間に恵まれ、とても良い環境で働くことができましたが、オフィスクリーニングでは、ほんとゴミみたいに扱われました…w

年配の方が多く口が悪い方がとても多かったですね。仕事は少人数でチーム組んでやるので、まぁ私が集中砲火を常にあびている状態ですね…内容も単純でしたが、人数少なかったんで相当キツかったです。

年配の方で独特の癖のある英語ってのもあり、理解するのも難しいし、仕事も慣れないことが多いしと散々でした…まぁ時給だけが良かったのが救いですが、はじめ2週間くらいはほんとゴミみたいな扱いされて泣きそうになってました。←2回目

正直振り返ると、学校行ってバイトして最後に旅行して、とありきたりなワーホリだったかなという気はしますが、自分なりに試験受けたりして勉強もそれなりにしていた。(と思う。)これから帰国しても継続して勉強していきたいです。

1年日本の外で暮らすことはきっとプラスになる

英語の勉強以上に、色んな価値観に触れる、今まで想像もしなかった生き方があることを知る、また住む国や言葉が違っても共通の価値観も多いことに気付く、という経験は一度思い切って飛び出してみないと経験できない事だと思います。

楽しい事も辛いことも経験するでしょうが、きっと長い目で見て、どんなカタチであれ、これからの人生に欠かせない経験になるでしょう。

これから。このブログについても。

ワーホリ半年過ぎたあたりから、それまで仲良かったフランス人と付き合っています。最後の方は同棲(っていってもシェアハウスで部屋だけ僕ら専用みたいな感じ)してましたし、最後のオーストラリア旅行も二人で行きました。東南アジア・ヨーロッパも二人で旅行します。

で、その後どーすんのって話なんですが、二人で日本に帰ります。これも二人で話し合って決めたことです。私はこれからしばらくは日本で働いていくと思います。

ワーホリ終わってもブログ続けようと思ってましたが、撤回して止めます。これから旅行して日本に帰国してから、かなり忙しくなりそうで時間を取るのが難しそうです。帰国まで旅行ネタを少し書こうと思いますが、帰国してからは変わりにTwitterを続けようと思います。

  • そもそもオーストラリア ギリホリ日記なんで、ワーホリ終わってちょうどキリがいい
  • Twitterが便利過ぎる
  • 彼女のためにフランス語を勉強したい
  • ワーホリ来る前からコツコツやってる中国語を実用レベルに持っていきたい

以上のようなことが主な理由です。ブログ始めてから1年が経過して、私のブログは安定して1日平均150のPV数を叩き出す何とも言えないブログに成長しました。ww 正直最後の方は自分の事でいっぱいいっぱいで更新頻度も減っていきました。

ワーホリ考え中の方や、ワーホリ検討中のごく少数wの方に見ていただいていたと思います。こんな場末のブログにお越しいただいた皆さんには感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。

またブログを再開することがあればやろうと思います。ワーホリが終わるので、次のブログは日本での仕事やウマイ飯屋のことについてのことになりそうです。←もうクソブログの匂いがするぜw

ワーホリは終わりましたが、ヨーロッパ・東南アジア旅行があってヒャッハーーーー状態なので、日本帰るまで楽しんで、そして無事に帰りたいと思います。

では、また。

↓良ければポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村